テフロクロノロジーによる徳島県神山町の高根地すべり,東大久保地すべりの発生時期の推定

URI http://www.lib.tokushima-u.ac.jp/repository/metadata/62128
タイトル
テフロクロノロジーによる徳島県神山町の高根地すべり,東大久保地すべりの発生時期の推定
タイトルヨミ
テフロクロノロジー ニヨル トクシマケン カミヤマチョウ ノ コウネ ジスベリ ヒガシオオクボ ジスベリ ノ ハッセイ ジキ ノ スイテイ
タイトル別表記
Tephrochronological age estimate of the Koune Landslide and the Higashiohkubo Landslide in Kamiyama Town, Tokushima, Japan
作成者
北村, 真一
西山, 賢一
川村, 教一
作成者ヨミ
キタムラ, シンイチ
ニシヤマ, ケンイチ
カワムラ, ノリヒト
作成者別表記
Kitamura, Shin-ichi
Nishiyama, Ken-ichi
Kawamura, Norihito
作成者所属
徳島大学
香川県立丸亀高校
作成者所属別表記
University of Tokushima
Marugame High School
キーワード
Landslide
Kikai-Akahoya Tephra
Aira-Tanzawa Tephra
Tephrochronology
抄録

In this study,tephrochronological ages of the Koune Landslide and
the Higashiohkubo Landslide in Kamiyama Town,Tokushima Prefecture,are
estimated. The Koune Landslide is divided into two landslides; the Primary
Koune Landslide and the Secondary Koune Landslide. The Primary Koune
Landslide is cut by main scarp and moving mass of the Secondary Landslide.
The Secondary Koune Landslide is overlain by the Kikai-Akahoya Tephra and
re-sedimentation of the Aira-Tanzawa Tephra, suggesting that the landslide
occurred primarily between 7.3 ka and 26-29 ka. Therefore, the Primary
landslide is older than the Secondary one. The Higashiohkubo Landslide is not
overlain by the Aira-Tanzawa Tephra,but the Kikai-Akahoya Tepahra, suggesting
that the landslide occurred primarily between 7.3 ka and 26-29 ka.

出版者
徳島大学総合科学部
資料タイプ
紀要論文
ISSN・ISBN
09146385
cat書誌id
AN10065859
掲載誌名
徳島大学総合科学部自然科学研究 = Natural Science Research, The University of Tokushima
22
開始ページ
1
終了ページ
11
発行日
2008-12-24
edb id
189904
部局
徳島大学
ファイル
本文言語
jpn
徳島大学附属図書館
〒770-8507 徳島市南常三島町2-1
TEL: 088-656-7586(雑誌情報係