Tokushima University Library

TOPTOP
平成13年度 第5回附属図書館運営委員会議事要録

日 時 平成14年3月8日(金)  13時30分〜15時
場 所 附属図書館会議室
出席者 森田館長、細井分館長 中村、寺尾、森山、北村、楠見、樋口、為貞、宇都宮、猿田、藤井の各委員
欠席者 中川、荒瀬、蛯名、高浜の各委員
陪席者 事務部長、2課長、6係長 (図書館専門員欠席)

 冒頭、会議の成立の確認に続き、平成14年3月1日付けの新委員の紹介(中川教授、樋口教授、宇都宮教授)と、1月1日付け異動があった弘瀬情報サービス課長の紹介があった。
 前回議事要録の承認を受けた後、議事に入った。

議 題 1.

電子ジャーナルの予算措置について
森田館長から、予算措置の経過説明があり、次に資料1により平成14年度に文部科学省から電子ジャーナル経費が予算配分されることにより、学長裁量経費の使途の変更(電子ジャーナル経費からWeb of Science へ)について提案があり、審議の結果了承された。
2. Web of Scienceの有料試行について
情報サービス課長から、有料試行を計画するまでの経過説明があり、次に館長から、資料2−1、2−2により説明があり、使途変更による学長裁量経費により、有料試行を実施してよいかとの提案があり、審議の結果、昨年2 ヶ月間無料で使用したのと同一条件で導入できるならば了承という条件付きで承認された。
3. 高度情報化基盤センター運営委員の選出について
館長から、寺尾委員(本運営委員会)がこの3月31日で高度情報化基盤センター運営委員の任期が満了となるので次期委員の選出について提案があり、審議の結果、寺尾委員が継続して次期委員(期間は平成14年4月1日から平成16年3月31日まで)となることが承認された。
4. 資料の返却と図書館スペースについて
館長から、建物改修により総合科学部と工学部から図書等の返却の申し出があったことの報告があり、次に中村委員(総合科学部)、為貞委員(工学部)からそれぞれの返却についての事情説明があり、総合科学部、工学部とも同様な仮置き場に困窮している現状対策の相談があった。
情報サービス課長から資料3により、図書の収納能力数、現収容数、年間の増加数等を含んだ図書館側の状況説明があった。結論として、平成13、14年度転退職の教官を優先していることの説明があった。
館長から、これに対処する対策を委員に求めたが、特に意見は出ず、学長等にアプローチするということで今後の検討事項とした。
5. その他
なし

報告事項
1. 学長、副学長、局長と館長との懇談会について
館長から、別紙資料4により報告があった。
2. 国立大学図書館事務部長会議(平成13年度)について
事務部長から、1月17日山形で開催された会議の報告があった。
3. JABEE(日本技術者教育認定機構)の施設視察について
情報サービス課長から、12.19(電気・電子)と1.16(光応用)の2回視察があったことが報告された。
4. SciFinder Scholarのサービス実施について
情報サービス課長から、SciFinder Scholarのサービスを1月から開始したことの報告があり、1月分の実績報告があった。
5. 入退館管理システムの導入について(本館、分館)
情報サービス課長から、3月納入、4月利用登録、5月連休明け運用開始という日程等の説明と報告があった。
6. その他
館長から3月31日で任期満了となる、北村、楠見、猿田各委員の紹介があった。

次回開催日については, 4月中旬か下旬予定。


お問合せ先                内線電話ご利用上の注意
  [本館] 総務係 TEL:088-656-7584(常三島地区内線6111) 

Copyright(C)2005- Tokushima University Library All Rights Reserved.