原資料『蜂須賀家家臣成立書并系図』について


蜂須賀家家臣成立書并系図

旧徳島藩主蜂須賀家所蔵。徳島藩士が蜂須賀家に仕官して以来の各家代々の家督相続者について,召出・相続・隠居・死亡の年月日,禄高,役職並びに系図・家紋などを書き上げ,天保5年(1834)及び文久元年(1861)の両度にわたり藩庁に提出したものです。

提出を命じた藩としてはタイトルを付けることはなく、各家毎ばらばらのまま保存されていましたが、事後において徳島大学が『蜂須賀家家臣成立書并系図』として命名しました。

徳島大学では長期保存ができるように、裏打ち、和装を施すなどして家中1,802家を50音順配列にして、249冊に分けた、マイクロフィルム化されており、コピーすることも出来ます。

また、附属図書館本館1階東閲覧室に複製したものを製本して所蔵しています。貸出はできませんが、閲覧、複写が可能です。

こちらは、平成17年度科学研究費補助金(研究成果公開促進費)による近世大名(蜂須賀家)家臣団家譜史料データベース事業において作成しました。