「成立書」は, 内容にはほぼ共通性がありますが, 家によって書き方に異同も見られます。 内容は, ほぼ以下のようなもので構成されています。

  1. 提出した家臣の先祖について, 蜂須賀家へ仕える以前からの系譜(由緒)について
  2. 初代以降各当主又は, 嫡子などの功績。
  3. 藩主などから下付された古文書など。
  4. 系図
  5. 禄高
  6. 家紋

ただ, 上記6項目全てがこの順序で記されているわけではありません。 今回のデータベースの公開に際しては, 検索して閲覧できる内容として以下の3パターンとしました。

  1. 提出された冊子の内容全て
  2. 上記の1に当たる系譜(由緒)
  3. 家臣個人の功績
  4. 系図・家紋など

便宜上Aには「冊子全体」, Bには「系譜」, Dには「系図」という検索名称を設定しました。 Cは, 各個人の検索結果から得られたデータとなっています。 また, この冊子の表紙からとった「冊子名」というのは, 提出者に当たりますが, 「成立書」は書き継ぎが行われているために, 表紙に記された提出者と冊子末尾に記された提出者とに異同がある場合があります。 そこで表紙がある場合には, 「冊子名」には表紙に記された氏名を採用しています。 また, 時に表紙が脱落している場合がありますので, その場合は, 冊子末尾に記された提出者名を「冊子名」に採用しています。

また, 氏名に使用されている本字に関しては, 全て常用漢字に変換しております。 ただ, 現在は使用されていない漢字が氏名に含まれる場合があり, 常用漢字に変換できなかった漢字についてのみ別に一覧を掲げて検索して頂くようにしております。

以上の点をご理解の上, 本データベースをご利用下さい。